メニュー

プラセンタ注射・内服

 

*プラセンタ注射

プラセンタは人の胎盤の抽出物です。もちろん厚生労働省が承認した治療用の注射薬です。肝機能障害、更年期症候群、自律神経失調などに効果を示します。副効用としてお肌の調子が良くなる、寝つきや寝起きが良くなる、イライラが軽減する、生理不順・生理痛が改善するなどの即効的な作用があります。

毎日注射する方もいらっしゃいますが、一般的には1週間に1回から数回注射に通われる方が多いようです。二の腕、お腹またはおしりにする皮下注射で、当院では針は26ゲージという極めて細いものを用いますので痛みはわずかです。導入している注射薬は「メルスモン」「ラエンネック」で1回1管(アンプル)注射します(自費診療の場合は1回に2アンプルでもOKです)

メルスモンは更年期症候群と診断されますと保険適用になります。更年期症候群以外の目的で(20歳代、30歳代、60歳代の方など)注射される場合は自費診療です。自費診療ですと1回1アンプルで1,000円、2アンプルで1,500円(ともに税別)です。なお初回のみこれに加えて初診料がかかります(生物製剤なのでご説明をして同意書にサインをいただきます)。

なお2回目以降、体調に特に問題がない場合は優先して注射しますので予約は不要で待ち時間はほとんどありません。

*プラセンタ内服(サプリメント)

こちらのプラセンタはブタ胎盤の抽出物です。効果効能は注射薬と全く同等ですが、医薬品ではなくサプリメント扱いになっています。製品は注射薬と同じ「メルスモン」「ラエンネック」で、2~3カプセルの内服でメルスモン注射・ラエンネック注射1アンプルと同等のプラセンタを摂取でき効率的です。注射と併用、または単独で使用できます。安全性・信頼度は、日本健康・栄養食品協会での基準をクリアしているものですので注射薬同様、全く心配ありません。クリニック専売品で薬局・通販などでは扱っておりません。診察は必要ありませんので初診・再診料など、他の費用はかかりません。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME