メニュー

不妊治療

 

 当院では、体外受精を必要としない不妊検査・治療に力をいれています。妊娠を希望して1年以上妊娠しない場合を一般に不妊症として検査や治療を行いますが、急いでいらっしゃる方は1年以内でもご相談ください。

原因

原因は男性側にある場合が約20%、女性側にある場合が約80%です。女性側の不妊の多くが卵管の不調(キャッチアップ障害)といわれています。その他内分泌因子(ホルモンの乱れ)、排卵因子(卵子が育ちにくいまたは排卵しにくい)、子宮因子(子宮筋腫、子宮内膜ポリープや先天的な子宮の形の問題)などの場合もあります。もちろん原因不明ということもあります。

検査と治療

子宮卵管造影(HSG)

子宮に差し込んだ細い管から造影剤を子宮・卵管に送り込み、レントゲンを撮影することにより、子宮の形や卵管の状態を知ることができます(当院には専用のレントゲン室がありますので、すべて院内で実施します)。また卵管が狭かったり癒着があった場合、造影剤の圧力でそれを広げることもでき、造影剤に粘性があるため卵管のコンディションが格段に向上します、したがって、検査だけではなく治療もかねており、これを行ってから半年くらいは非常に妊娠しやすくなります。痛みを伴うということで敬遠する方もいらっしゃいますが、当院では原則として事前に強めの痛み止めを使用してから検査しますので、我慢できないほどの痛みではありません。検査というより治療の位置づけで子宮卵管造影は早めに実施されることをお勧めしています。ご都合に合わせ、生理が終わった直後の午後の診療時間中に実施しますので、予めご来院されてご予約ください。

ホルモン検査

一般にまず最初に行う検査です。下垂体、卵巣や甲状腺などから分泌されるホルモンの状態で、妊娠しにくくなっていることもあります。採血で検査を行い、結果次第ではお薬を用いて治療をします。生理中か生理の直後に行う採血です(この時期以外に採血しても正確な結果が出ませんのでほとんど無意味です)ので、初めてご来院になるのはこの時期が最適です。

卵胞発育検査・排卵誘発・タイミング療法

卵子の袋(卵胞)の大きさを超音波で測定し、発育の速度や排卵のタイミングを調べます。これにより排卵誘発の必要性を判断したり、より正確な性交渉のタイミングを知ることができます。卵胞をチェックするための経腟超音波はSIEMENS社製のSONOVISTA FXを導入しています。この最新の超音波を用いて圧倒的な信頼度で正確な卵胞の評価をいたします。

排卵誘発は最も簡単なのは内服薬のクロミッドですが、回数を重ねると妊娠率は低下します。その際はpure FSH製剤やFSH-LH製剤の注射剤をうまく使い分けて弊害がないように工夫します。また、これらの方法でも卵胞がなかなか発育しなかったり、頻回の通院が難しい方はFSH製剤の自己注射を行っており、より負担と副作用の少ない方法で卵胞を発育させることができます。

精液検査、ED治療薬処方

精液を容器(当院でお渡しします)に入れて持参していただくだけで(持参していただくのは奥様でかまいません)検査ができます。旦那様(またはパートナーの方)の健康保険証もご持参ください。その場で顕微鏡で見ておおよその状態はわかりますし、ラボに提出して正確な数や、奇形率などを測定します。

なお当院では、ED治療薬のシルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ®のジェネリック薬)を処方しております。自費診療となり、別に初診料(再診料)が必要です。ご希望の方は、旦那様の保険証をご持参のうえ(後日でも結構です)、ご遠慮なく医師にご相談ください。

*精液検査及びED治療薬の処方は、配偶者(もしくはパートナー)の方が当院に不妊治療で通院されていらっしゃる場合に限らせていただきます。

人工授精

精液を特殊な溶液の中で遠心分離し、活動性の高い良好な精子を集めて濃縮、洗浄し子宮内に入れる方法です。1時間程度で終了しますがご希望の方は処置の後に個室の回復室で15分程度休憩していただくこともできます。精液は来院前に自宅でとっていただきますので旦那様(パートナーの方)はご来院の必要はありません。精子の数が少ない場合や子宮の出口の粘液の状態が良くないときに特に有効ですが、お仕事の都合また何らかの事情で予定の日に性交渉ができない、旦那様がED気味であるなどの場合にも実施することができます。自費診療となり16,000円程度の費用がかかります。

体外受精

当院では、体外受精は行っておりません。ご希望の専門クリニックにご紹介状を作成いたします。

 

*不妊治療をご希望の方へお願い

不妊治療時や妊娠した際のリスクを考え、次のような場合当院では検査・治療をお断りさせていただきます。悪しからずご了承のほどお願い申し上げます。

① 高年齢(おおむね42歳以上の方)、合併症(精神疾患・糖尿病・高血圧など)がある、肥満、その他当院の基準を満たさない場合。

② 重症の多のう胞性卵巣(希発月経・無月経)の方(多胎となる可能性が大きいと判断された場合)。

③ ご本人が日本語を理解できない、話せない場合。

詳しくは、お電話でお問い合わせください。

*40歳代の妊娠希望の方へ。

不妊治療を行ってすぐ妊娠というわけにはなかなかいかないのが現状です。とにかく行動が早いことが何よりも重要です。42歳をこえますと、体外受精でも妊娠確率は低下します。43歳からは体外受精の補助も受けられません。その年齢からの初診では人工授精まででは妊娠が難しいのも事実です。患者様のために、初診段階ですぐに体外受精へのお話をさせていただくことがあります。ご了承ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME