メニュー

妊娠の診断

当院では妊娠の診断からおおよそ妊娠10週までの診察を行っています。

現在キャパシティーの理由によって、診療に時間を要する妊婦健診(妊娠12週以降)を一時受け入れ中止させていただいています(妊娠初期は当院で拝見させていただきますが、その後ご紹介させていただくことを原則とさせていただいています)。また、合併症のある方(高齢・肥満なども含む)、前回の妊娠時に切迫早産になった方なども原則としてお受けできません。

生理の予定日を1~2週間ほど過ぎましたあたりが、初回の受診に最適です。ご自分で妊娠反応をみてからでも良いですし、いらっしゃっていただければ尿検査によりすぐに結果をお話しできます。また、1年以内に子宮頚がん検診を受けられていらっしゃらない方はこのときに行います。

ご来院の時期があまり遅くなりますと、子宮外妊娠を見逃したり(子宮外妊娠でもご自分での妊娠反応は普通に陽性にでます。子宮外妊娠かどうかは超音波や血液検査を適切に行わないと診断できません)、双胎(ふたご)であった場合一卵性か二卵性かなどの評価ができなかったり、さらには予定日の正確な決定ができなくなるなどいろいろ不都合が生じますのでお早めにいらっしゃってください。

 

 

 

 

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME