メニュー

HPVワクチン(子宮頚がんワクチン)

* 2022年度からHPVワクチンの無料接種年齢が小学校6年生~1997年4月2日以降に生まれた方までに拡大されております。対象の方には、市から無料接種券が順次送付されます。接種券をお受け取りになりましたら、当院にお電話をいただきご予約ください。

対象年齢(現在は小学校6年生から22歳の方)の方は全額補助が出ますので無料です。子宮頚がんの原因はすべてがヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によるというのが現在の知見です。したがってHPVワクチンを接種することにより、子宮頚がんを高率に予防することができます。実際にこのワクチンの先進国であるオーストラリアやイギリスなどでは子宮頚がんが近年激減しています。2020年秋には、ヨーロッパ(スウェーデン)において接種した方はしない方に比べて、子宮頚がんの発病が9分の1に減少したという大規模調査の結果が論文になりました。日本でも9年前から公費補助によりワクチン接種が推進されてまいりましたが、残念なことに副反応の報告が大きく報道されてその後は接種される方が少ない状況でした。しかしその間の研究で、ワクチンと副反応の因果関係については、医学的に確立されず現在に至っており、厚生労働省も2021年再度「積極的接種推奨」と位置付けました。横須賀市においても、昨年から案内を送付するようになったこともあり、接種される方は増加に転じております。

ただ、現在日本でHPVワクチンを接種している方は1%に満たないといわれています。WHOは2030年までに全世界の国々で90%の接種を目指しているので、これに関しても日本は「ワクチン後進国」とこき下ろされています。

* 接種をご希望になる場合は、まず横須賀市こども健康課(046-824-7141)にお電話のうえ、当院でのワクチン接種の希望をお伝えください。その後当院にお電話をいただき、日時のご予約(ワクチンは通常と異なるルートで納入されるため、届くまで最低でも1週間程度の時間をいただきます。極力早めにご予約ください)をお取りいただきますようお願いいたします(2回目、3回目の接種も同様です)。

* 当院では原則として4種類のHPV(ハイリスク16型、18型のほか低リスクの6型、11型)の感染を予防できる「ガーダシル」を接種しています。1回目の約2か月後に2回目、2回目の約4か月後に3回目という、3回接種になります。なお「シルガード9」という9種類のHPVを予防できるワクチンも日本で認可されましたが、現状では非常に高価なため、今後も公費負担で接種できる可能性は低いと思われます。

* 対象年齢以外の方で接種ご希望の方は1回18,700円(税込)です。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME